ジャズ喫茶探訪 その8

 事務局RIKAです。
こん**は。

先日、姫路のGeorgeAdamsさんの セッションデーに TJC会員さんと3人でお邪魔してきました♪ http://www.wine-makoto.com/georgeadams/


カテゴリがジャズ喫茶になってますが、 
GeorgeAdamsさんは ジャズバーです。
営業時間は19:00からです。
お昼やってません。

お昼は マスターがいる、お隣の 天ぷら屋さんに行けば、ジャズ談義の相手をしてくださるはずです!!


毎週水曜日はセッションデーなのですが、まぁホストミュージシャンが豪華なこと!!

私がお邪魔した日は 
ピアノが なんと! 金谷こうすけさんでした♪


ピアノとキーボードを駆使して、厚みのある演奏を繰り広げてらっしゃいました。
ホストトリオで始まった、セッションデー 。いきなり 迫力満点の演奏が繰り広げられて
圧倒されちゃいました。

これ、セッション??? 本域ライブのパワーちゃうんか??
と思っちゃうくらい!!


ホストは
ベースの 藤井邦彦さんが リーダーです♪
色気むんむんな ベースを弾かれる私が大好きなベーシストです♪

ドラムは 今は固定じゃないのかな??時々かわられるようです。

ピアノは あかぎしほさん 金谷こうすけさん 仰居煎松さんを中心に毎週交代制。


毎週 いろんな味が楽しめるというわけです。
なんちゅー お得な!!!


GeorgeAdamsさんは 私は今まで、ライブのときしかお邪魔したことがなかったのですが、
セッションの日は 当たり前ですが、楽器弾きが沢山で とても盛り上がってました♪

MC する 藤井さん。
普段のライブは サポートだったり、サイドメンなので、あまりMCを聴けませんが、セッションデーは 藤井さんがリーダーなので、 いっぱいお話してくれますよ〜。


まさに 八面六臂の活躍です。





セッションならではの、いろんなアプローチも楽しめます。

まぁ、とにかくメンバーが豪華なのに、ミュージックチャージが
¥1,000なのもすごくお得です。


一緒に行った、TJCメンバーの歌姫は
2曲歌ってました♪

ブルージーな渋い歌声は健在でした。

ベースマンもいたのだけど、セッションはやらず〜。
今度は是非聴きたいところです。


え???私は???
私は聴く専門だからね!!

聴く専門が遊びにいっても 充分楽しいセッションデーでした。

また行こう!!



ジャズ喫茶探訪その7

 久しぶりの探訪シリーズです。

高砂の サン・はーばーさんに行ってきましたぁ!
http://ggyao.usen.com/0003012409/

え??ジャズバーだって??
昼間にランチと喫茶もやってるから、いいのです!

高砂駅を歩いて、10分弱でしょうか??てくてく南に下っていくとお店があります。
途中には 昔からあるような表札のお店だったり、花屋さん。
レトロなお風呂屋さんがあったりします。
昔よくみた風景。
いいなぁ こういうの!

お店にいざ出陣です!(写真はHPからお借りしました)


ホントはこんな時間

え???わからない??
19時です。
完全にバーの時間です(笑)

また、一見さんお断りのにおいがします。

恐る恐る(いつものことですねぇ)
店内へ!!!!











がっつりボトルが並んでます。
渋い男の世界ですwww

が、迎えてくれたのは
かわいらしいママさん♪

一気になごみます(^-^)

しばらくすると若マスターと大ママもこられて、お3人にお相手していただきました(なんて贅沢な!!!!)


サン・はーばーさんの歴史は古く、もう50年くらいになるんでしょうか??

Swing Journal がありました!!!!(それぐらいあるって???)

休刊された Swing Journalですが、私の知ってるのは
これ↓
多分 私世代はこっちですよね???
英語表記になってるやつ!!









 

あったのはこっちですよ お客さん!

カタカナ表記のやつ!
1962年発行のやつがありました!


大ママに Bill Evans の旋律が好きでねって話したら、ごそごそと出してきてくださったのです!

宝や宝!

過去の偉大なる大御所としてしか 知らない Bill Evansの記事が リアルタイムに書かれてるわけです。
記事もなんだか、熱い気がしました(酔ってたのでよけいそう感じたのかも!)

これ見るだけでも めっけもんですよ〜

リアルタイム世代は懐かしく感じるだろうし、若い世代は 当時の記事でその熱をより新鮮にかんじるのではないでしょうか。

ここの絵は 大マスターの作品と
お母様のちぎり絵だそうです。

今のサン・はーばーになる前は
道に面して、マスターの描いた
モノクロの Art Blaley がでかでかと飾られてたそうです。

外からみても THE JAZZなお店だったんですね。


残念ながら訪問した日に 大マスターとお会いすることはできませんでしたが、 とても沢山いろんなお話を聴かせていただき、ありがたかったです。

今度は、酔っ払わない時間に 本見に行こう!



そうそう、サン・はーばーさん 毎月2回ジャズライブを開催されております。
今月5月は 25日と 27日
3ドリンクと3フードついて3500円という良心価格ですので、  
お仕事帰りなどに 寄ってみてはいかがでしょうか?

さすが老舗の色んなお話も聞けますし楽しめると思います。



ジャズ喫茶探訪 その6

 ジャズ喫茶探訪も その6までやってきました。

まだ行ってないところがあるはずですけど、 既にペースが落ちています(笑)


今回は 神戸・元町の jamjamさん http://jamjam.tonosama.jp/   に お邪魔してみました。





一階の看板。
今まで何度もスルーしてきた、看板です。


階段下りて行くと。。




うすぐらっ!!!!
既に、 大音量の音楽が聴こえてきてます。



お店に入るともっとくらっ!!!
入口正面に、 お喋り席と リスニング席との案内があり、
膨大なレコードの数が見えます。
そして誰もいない。。。。




平日のお昼間に立ち寄ったので お客さんは私一人!


もうジャズ喫茶探訪も 6回目。
そろそろ あることをやってみたくなってきてたんです。


そう・・・・・・

魅惑の(魅惑???)!!!



リクエスト!!!!(ばーんっ)


憧れのリクエストですよ!
平日の真昼間にきて一人ならばできる!(小心物だから)
誰かいたらできないけどね。


コーヒー注文した際に お願いしたのは

スタッフさんの お薦めの「TAKE FIVE」と
ボビー・ティモンズ

ううーん。まだちゃんと どの人の あれ と リクエストが出せない
わかんないんですもん。


でも、ひとまず、満足。


TAKE FIVE かかったら、 なんと! オルガン入ってるじゃん。
これがオルガンの音か!
と スタッフさんのチョイスに満足。(^−^)

小一時間 暗がりで音楽聴いてたら、年期の入ったおっちゃんたちがやってきました。
すんごいジャズ好きなんだろうな〜。


いつもの席っぽいところに すっと座りに行ってたし。


ちょっと 昭和の匂いのするジャズ喫茶でした。

でも、和ジャズのDJイベントやってたり、
割りと若い人がたくさんくるお店みたいです。

クラブイベントって 若いころにしかいったことないけど、
機会があれば 覗きに行ってみたいです♪




ジャズ喫茶探訪 その5

 お盆に突入いたしましたが 皆様いかがお過ごしでしょうか。

事務局の RIKAです。


満を侍して、 今回は 東加古川の Because さん http://r.tabelog.com/hyogo/A2804/A280402/28013556/  です☆


TJC会員の月例会でもおなじみのお店です。

今回はもう皆様ご存知の これを見に行ってきました。




TJC会員の N島さんのオーディオシステムです♪

お店に行きますと、N島さんご夫妻と しろくま氏もいました。

というか、この日 しろくま氏とお約束してたのです。



ダメ子な私は お昼寝してて遅れたんですけどね。。。スミマセン。。


と、よそ事はおいといて!!





機械物全然な私でも、すごいことはわかりました。
何がすごいのかは説明できません(爆)

レコードがくるくる回るのを見るのも20年ぶりくらいです。
くるくる回るのをみながら、CDとは違うアナログな音を聴くのは本当に久しぶりで 
わくわくいたしました♪

美味しい珈琲と いい音楽。
加古川きっての ジャズ喫茶(通常は 普通の喫茶店です)は
更にパワーアップされたのですね〜。
TJC すごし!!(身内ほめすぎ??)

先日の月例会に参加された方はもう体験済みなんでしょう。
まだの方は是非に、レコード片手に夕方お店に遊びに行ってみてはいかがでしょ??







ジャズ喫茶探訪 その4

 こん**は。
事務局RIKAです。


もうすぐ、梅雨明けの感じですね。
会社のミニトマトも鈴なりです。

うちのトマトは 花がつくのに実がならない。。
肥料の加減??それとも、蜂さんの働きが悪いのでしょうか。



ジャズ喫茶探訪(ただの喫茶探訪ともいう)も その4です。

今週末、TJCのメンバーさんも参加される 垂水駅前の
JB−5さん http://www17.ocn.ne.jp/~jb5/

にお邪魔してきました。

実はこのお店 できた当初から知ってます。

はい。また、素通り魔人です(笑)
身内の勤めてた 美容院があったのです。 
それが、なくなって、 JB−5さんになったのですね。


この日は、お友達とお茶しにお邪魔。
お喋り×ならやめとこうと思ってたら、
看板に 

お喋りOK

の文字

やったぁ♪ と さっさと階段昇って お席に座りました。

中はこんな感じです。




ドラムと グランドピアノがしっかりおいてあります!!

カウンター奥には 瓶がいっぱい!

夜はジャズBARになるんですね(^_^)


お喋りOKといいつつも 店内はかなりの音量で ジャズが・・・・・



と思いきや! この日は ボサノヴァがかかってました。

ボサといえば、 アントニオ・カルロス・ジョヴィン
ちゅうか、それぐらいしか知りません(爆)

イパネマの娘と おいしい水がかかってたのはわかりました。

ボサってなんだか、体がゆらゆら揺れますね☆


オーナーさんに、先日のライブのチラシ置かせて頂いてた(ですよね??)件の
お礼を言ったら、
今週末のイベントの件のお礼言われちゃいました。

私出ません(笑)

東播勢として、出演なさるメンバーさん!
是非是非たのしんで来てくださいね♪



お昼のカフェタイムも楽しめました(おしゃべりが??)
が、晩のBARタイムにもお邪魔してみたいお店です☆


どなたか、ご都合つく方いらしたら、一緒に乗り込みに行きましょう〜。




ではでは。。。






ジャズ喫茶探訪 その3

 こん**は。 RIKAです。

あっついですね!!
蒸し蒸し蒸し蒸し!!!
THE 日本の夏(梅雨明けしてませんが)ってな感じです。

今日は七夕ですよ。
繊維関係のお仕事な奥さんと 畜産家の旦那さんが 年末婚な日です

こんな書き方すると、情緒も何もないですね。
なんだか、殺伐として見えてきます。


さて、今日は 七夕のお願いごとなんて書こうかな〜。







ジャズ喫茶探訪もその3 です。
訪れたのがすでに1か月ほど前の話なので、記憶も薄れつつあるので、早めに書いちゃいます。


今回は

茶房JAVA 
http://r.tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/28016053/









のお話です。

しろくまさんから、昭和レトロなお店で、いいよ〜 と聞いていましたし、
お店の前は何度も通ってます。(立ち飲みにハマってた時期があるもんでw)
場所はすぐわかりました。

この日も暑い日でして、
入店後 「アイスコーヒー」
とオーダー。

後でわかったのですが、 こちらのお店 モカジャバが売りみたいですね。
頼めばよかった。。。。
失敗。

お店の ホールスタッフさんの制服がなんだか メイドさんのようでしたよ。
店内はそんなに大音量でジャズがかかってるわけではなく、BGMくらい。
商談??してるお客さんもいらっしゃって、割と普通の喫茶店。

テーブルがちょっと低めで、小さい。

元町のエビアンもこんな感じだよね。
あ、エビアンはもっとテーブル同士がギチギチに近いですけど。




店内の壁のフライヤーみたりしてたんですが

飽きて(!!!!)きて

「あの、煙草いいですか??」
とお店の方に聞くと、
「禁煙なんですが、控え目なら・・・・・」


控え目?????
控え目に吸うって何?!

聞くと 1本ならいいんだって。

「では、吸いません」
とお答しました。


禁煙なんだもん。
控え目に吸ったって、肩身狭いもんね。




ついに、喫茶店にもスタバ並の禁煙の波が襲い掛かっていますね。

時代ですね〜。






って、ジャズに関することなんも書いてませんな(笑)
ただの、喫茶探訪と化してますが、 





今日はこれにて。






ジャズ喫茶探訪 その2

 こん**はRIKAです。

色々と書きたいことがあるのですが、
先日の中山英二ライブについては
MLでも私の垂れ流し日記を配信させていただきましたし、
ブログまではおこがましくて書けません。

昨日のアクセス数が異様に伸びていて、書いた方がいいのか???
と悩みましたが、やめときます。


どなたか、たまには書いてくださいな。




で、 早速JAZZ喫茶探訪第2段です。

元町のM&Mさん。
http://www6.ocn.ne.jp/~kpsikeda/MandM/


チョコの店じゃないよ。
え??知ってる?? 
はい、スミマセン。
つまらんこと言いました。

 

 

いやらしいショットでごめんなさい。 看板すら映さない私を許してください。


なんだか細くて長い階段が 



新参者を阻む



感じがしませんか?
短いスカートなんかでこの階段はあがれません。
乙女なので。

ワタクシ見事に威嚇されてました(笑)



恐る恐る、階段を上り
そっと中を覗いてみます。

お客さんがそんなにいなさそう(失礼)
そっと、扉を開けると、
あらら、割りと大きな音でJAZZのレコードがかかってます。

扉側のお席を見ると、
目をつむって聴いている人が 2人。。3人。。


「おぉぉぉぉぉ!!思ってたジャズ喫茶っぽい?!」
勝手にテンションが上がってきます。

カウンターに座ってみる。

一人でどこかのお店に行く時は 出来る限りカウンターの方がいいのです。
お店の人と喋りやすいですから。


アイスコーヒーを飲みつつ、
一服。
ぷはー うまい。

アイスコーヒーがなんだか、お酒に見えてきます。(嘘です)
ええ ええ 私、スモーカー野郎です。
世の中が禁煙と叫んでいる中、未だに吸い続けています。


JAZZは タバコの煙とウイスキーだからです!
嘘です。 健全なものって知ってます。ごめんなさい。



レコードがやっぱりいっぱい!!
新参者(笑)なので、 リクエストはしませんでした。

というか、まだ 何がなんだかわかってませんから。。。。


美人のママさんと少し談笑。
11月の第一土曜??には 周年で、プロの方がライブされるそうです。
普段は 学生さんが多いんですって。


ママさんとっても優しそうだったので、あの階段を威嚇だなんだと言うのは
撤回しておきます。

 

30分程居座って、席を立ちました。

実は この日は 前回のVoiceさんと同じ日です。
さらに、もう一軒実はいってるのです。
お腹がたぷたぷですが、もう一軒。。。




続く。






追記


あ、そうそう、 M&Mさんとこで、
ジャズのフリペを見つけたのでもらいました。
ジャズやねん関西(WAY OUT WEST)
http://www.jazzyanen.com/

ってやつなんですけど、どうもまだ、東播は配られてないよう。
(配布先一覧になかったし)

どっか、実は置いてるの知ってるって人いたら、また情報ください。

もしくは、次から うちの店で置くようになってん という情報でも。。。







ジャズ喫茶探訪 その1


こん**は RIKAです。

以前、「敷居が高い」でジャズ喫茶に対するイメージを述べたことがある。
どうも昭和ど真ん中のジャズ喫茶のイメージのまま私はいるようだ。
宮崎駿やトトロのいるジャズ喫茶なんてないようだ。(というか、そんなこと書いてない)

コメントの中でお店を紹介して頂いたので、せっかくだしデビューしてみようと思い立ち行ってみることにした。


 

デビュー戦は 三宮センター街にある茶房Voice。
いわゆる神戸のアニメヲタク(私はこういう言い方が好きではない)の聖地。
三宮センター街西館2F そんなヲタクど真ん中の場所に店を構えている。
ヲタクといえば、ジャズマニアだって、ヲタクだと思うし、アニメやゲームと 真空管ラジオやジャズ と分ける必要はないのだと思う。


と、このヲタク談義についてはまた次回にしよう。



焦げ茶の扉 ガラス越しに店内を物色・・・・。
ママさんと カウンターにスタッフのお兄さん  お客さんが何人か。。


これなら入れる!
緊張の面持ちでそっと扉を開ける。
「いらっしゃいませ」
カフェではなく喫茶店のトーン。


喫茶店のトーンはちょっと低めでゆったりしていて落ち着く。


常連でもないのに、カウンターに座ってみる。。
すわり心地がなかなかよい。
カウンターバー等にちょくちょく行くが、
イスの座り心地で店の滞在時間が決まる。
ここの椅子は長居できる・・・・と心の中でニヤついてみる。



カウンターにいるお兄さんに声をかけてみる。


爽やかな笑顔が素敵なマダムに人気が高そうなメンズである。
「私初めてジャズ喫茶にきたんです」
多分こんな始まりだったと思う。
「普通の喫茶店を目指している」という話だったり
「実は播州でこんなことしてたりするんです。」

と2週間後のライブのフライヤーを置いてもらえるか話をし、
彼が8年間 年2回のペースでモダンジャズのイベントをしていることも知った。
精力的に活動している模様。


情熱って素敵だ。
関西でジャズ情熱大陸を制作するなら、この人私なら取り上げるよ。
 


これ、Voice の村田さん(爽やか笑顔のメンズの人)
ご本人の希望によりお顔は映してません。

情熱大陸にはうちの局長ももちろんとりあげますよww



倶楽部メンバーお二人から名前のあがった
茶房Voice  http://www.jazz-voice.biz/
初心者にも優しく、自分で扉を開いてみると面白い話がたくさんでてくる
いいお店だった。
ご紹介いただきありがとうございました。


ちゃっかり
「また、遊びにきますね」
とかなんとか言って帰っていった私。

皆さん知りたいであろう、音響については、ワタクシまったくわかりません。
HPに少しのっているようなので気になる方はみてください。



1

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

カテゴリー

表示中の記事

コメント

recent trackback

RSSフィード

TJC 他のブログ

TOBAN JAZZ CLUB