初心者向きではないと思うのは私だけ??

 昨日は 世に言うバレンタインでしたが、皆さんいくつもらいました??
私は あげただけでした。 ホワイトデーのお返しを期待しよう!

事務局 RIKAです こん**は。


昨日はものすごい寒波で、 関西地方は太平洋側も雪景色になりましたね〜。
原付で通勤する私は 2、3回 タイヤが滑って 半泣きになりながら帰宅したわけです。
寒い日はもう出たくない!!

ってことで、読書をしてみたわけです。

ここからは 書評とかではなく、 あくまでも 個人的な感想ですので。。。








挫折し続ける初心者のための最後のジャズ入門
著:中山康樹





読書感想を述べると

今の私は面白かった! 約1年半ジャズというものに少しふれてきて、 プレイヤーの名前や、スタンダード曲、ジャンルのことや 色々教えていただきながら、 小さなかけらとして持っていたものが、集約された感じでしょうか?
聴いたことのある名前が次々に出てきて、歴史的名盤のことや、作者の思う聴き方、ジャズ喫茶でのリクエストの仕方など、 興味津々で すらすらと読めました。

雑食食いしていた私にとって、とても参考になったし、忘れないように、名盤などはメモしておこうと思いました。(覚えらんないし)




右の皆さんご存じの 名盤
Bill Evans の
”Walts  for Debby”

私、ちゃんと聴いたことがなかったのです。
今までピアノの旋律(メロディー)しか知らない。

上記の本の中で
ベースの Scott LaFaro のインタープレイについて熱く書かれており、それで ちゃんと 音源を聴いたのです。 

知らなくて当然の世界にいたのです。
よちよちなんだし! と開き直っていたわけですけども、 少し聴く時のポイントになるところがわかれば
1つの曲が無限に広がりを見せ始めました。






でも、この本 
「今からジャズを聴いてみたいんです。 ジャズって洒落てるけど 聴いたことない」
と言う人からすると なんだかお堅く感じるのではないでしょうか?

多分、1年前にこれを 会員さんの誰かから「読みなさい!」
と渡されてたりしたら
(実際はそんなことないですよ) 
「もーーー!!!!!わからん名前と話ばっかり!
 名盤を順に聴けばいいっちゅうもんでもないし、どないなんよ! わからん!!!!」


と 絶叫してたに違いない。。



結論

ちょっと、ちょいちょいつまみ食いして、聴くだけじゃなくて色々知りたいなーと思ってきた人が読むと
面白い本。

音楽が多様であるように、聴き方も多様だと思うのです。
教科書ではなく参考書程度に見れる人の方がいいかもしれません。


ただ、この本の本当の真価は私が 他人に「ジャズの入門的なやつってなんですか??」と聞かれるようなくらいになったときにしかわからないんだろうなーと思ったりします。





為になったなーって ジャズ入門書や 歴史書 など ありましたら 
ぜひ 教えてください。  ご紹介ください!!

( って、やっぱり甘えちゃう私です。だって よちよちだもーん  笑)





関連する記事
コメント
中山さんの本のタイトルをもう一度よく眺めてほしい。「挫折し続ける初心者のための」と前振りがしてあり、なお「最後の・・・」とわざわざ断っている。

つまり、きのう今日にジャズを聴き始めた人向けではなくて、ある程度、意識もして聴こうと努力もしてきた人、ジャズへのアプローチに時間をある程度費やしてきた人が、それでも挫折するのは何故だろう?っていうような問題意識から出発していると思うのね。

中山さんは次のように言う・・・「だが、ジャズという音楽は・・・そうそう与(くみ)しやすい相手ではない。『音楽は感性』とはよくいわれることだが、ことジャズにおいては、その感性以前に克服しなければならない問題が山積している。さらにその諸問題の周辺には、忍耐、努力、根性、探究心といった、およそ音楽を聴くという行為からは無縁の要素がひしめきあっている。つまりジャズという音楽は、忍耐や努力に欠け、また怠ける人間には理解できないようになっている」(同書pp.82〜83)

ここだけ読めば、ジャズをこれから聴いてみようと思う人は、気を悪くして回れ右をしてしまうかもしれないが、実際そうなんだからウソを言って誰かを励ましても意味はないだろうと思う。

少なくとも順序だてて小さな階段を上がっていけばかならず何らかの達成が得られるという意味での入門コースは、ジャズにはないと思える。というか、他の勉強とか仕事とかでも同じゃないですかね。

言葉足りないですけど、長くなりそうなのでこのへんで・・・。

  • しろくま
  • 2011/02/15 2:38 PM
RIKAさんさんせ〜い。ジャズに興味を持ち始めた人には、「これを読め!」はないですよ。「これを聴け!」ならあるけど。やっぱり、色々と聴いてみて、好きか嫌いか、いいか悪いかしかありませんからね。理屈はありませんからね。トマトは嫌いだけど、ケチャップは問題ないという人を知っています。理窟があいません。ということなんですが、お薦めの本なら、解散してしまいましたけど「シャープス & フラッツ物語」なんか読みやすいし、ジャズへの興味がわくと思うのですが。それと、おじさん世代しか面白いと思わないかもしれませんが「戦後日本のジャズ文化」とか「ジャズ喫茶論」はいずれもアメリカ人のマイクモラスキーさんが書いたんですがジャズへの興味が増すと思いますが。
  • ジャズ
  • 2011/02/15 2:42 PM
しろくま様>
前振りは題名でしてあるのですが、この本の前に出ている「聴き方入門」と内容が被るところが多いと思いませんか??(取り上げればよかったような気も今更したり・・)
レクチャー内容が 初心者と挫折して最後に奮起組とほぼ同じ扱いなのです。(初心者に容赦なし)
私この入門書読んでて強くイメージしたのは、ついてこれないやつはこなくていいっ!って雰囲気の予備校の先生です(笑)
挫折してきた人にはなかなか厳しいお言葉もちらほら(笑)


と まとまりがなくなってきたので、この辺でおわります。。 
  • RIKA
  • 2011/02/15 3:07 PM
ジャズ様(ジャズ好きおじさん様でしょうか??)

確かにそですね!「読む」より「聴く」の方があります!
「トマトは嫌いだけど、ケチャップは問題ないという人」は 砂糖の甘みで酸味の消えた味なら食べれるのでしょう。これはこれで納得です。

私も判断の基準はおっしゃられてる通り感覚だと思います。でも、理由を語れた方が説得力があるよなーと思っちゃう テヘ(≧∀≦)
感覚の理由を他人に理解してもらえるからでしょうか。。。


「ジャズ喫茶論」をまず読みますね! ジャズ喫茶探訪をもうちょっとちゃんと書けるようになりたいし、興味のあるところなので楽しく読めそうです♪ 
もちろん他の2冊も順に読みます!
ご紹介ありがとうございます♪
  • RIKA
  • 2011/02/15 3:32 PM
やられました。
トマトとトマトケチャップはそうだったのか。
  • ジャズ好きおじさん
  • 2011/02/15 3:52 PM
ジャズ好きおじさん様>レスはや!!! 多分 トマトソース(本格的な)はやっぱし、食べれないと思います(笑) 説明してみてよかった♪
  • RIKA
  • 2011/02/15 4:04 PM
RIKAちゃん、どないしたん。めちゃ知的やん。
  • 大友
  • 2011/02/15 10:48 PM
大友様> いや… その… 熱が出てですね… (笑)
  • RIKA
  • 2011/02/15 11:46 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

カテゴリー

表示中の記事

コメント

recent trackback

RSSフィード

TJC 他のブログ

TOBAN JAZZ CLUB